kanlabor

no image

派遣法第30条の4第1 労使協定方式でのよくある間違い

2024/5/20  

派遣事業を行っている、派遣元事業主には派遣社員の待遇を向上させるために、「均等均衡方式」「労使協定方式」の何れかを選択し運用しなければなりません。 労使協定方式でよくありそうな間違いを記しますので、ご ...

no image

労働者派遣事業報告書提出についてのポイント

2024/5/20  

派遣元事業主は、法律に基づき毎年6月30日までに 「直近の事業年度の実績および6月1日現在の状況」 を、「労働者派遣事業報告書」(様式第11号)で報告することが義務づけられています。この報告に必要な「 ...

no image

生産性の向上に向け日本の経済政策の転換

2024/5/7  

1990年代以降、日本の経済政策は円安、低金利、そして各種補助に重点を置いてきましたが、これらのアプローチでは根本的な問題の解決には至りませんでした。 円安は企業の利益を見かけ上増やしますが、実際には ...

no image

自己実現と社会貢献を求める若者の志向

2024/4/8  

若者たちの間で、"働き方"に代わる新たな価値観として"働き甲斐"が注目されています。彼らは単なる仕事のあり方だけでなく、その仕事がどれだけ自己実現や社会貢献につながるかを重視しています。この考え方は、 ...

no image

個人と企業の関係性の変化による柔軟な働き方について

2024/3/18  

かつては、企業が社員の働き方や仕事内容を定め、それに基づいて終身雇用や年功序列を重んじる人事管理が主流でした。しかし、最近では個人と企業の関係性が変わりつつあります。背景には、社員が自らの生活に合わせ ...

no image

退職金の課税改革と労働市場の変化

2024/3/4  

なぜ退職金への課税見直しが打ち出されたのかについて、労働市場改革が一因とされています。 今年の政策では、骨太の方針や新しい資本主義の実行計画において、構造的な賃上げの実現に向け、成長産業への労働移動を ...

no image

新潮流なるか 週休3日制の魅力と注意点

2024/2/16  

週休3日制を採用する企業が徐々に普及しています。この制度の導入により、従業員は週に1日追加で休息し、仕事とプライベートの調和が改善され、リフレッシュの機会が増えます。これにより、プライベートな時間が増 ...

no image

派遣先は派遣社員に対して採用面接を行っていいのか

2024/2/6  

派遣社員は、派遣会社の社員であるということから、派遣社員は派遣先の社員ではないということになります。 このことから、派遣先の社員ではないということは、派遣先が派遣社員を雇用していないことを意味します。 ...

no image

マイカー通勤と交通事故 会社の責任と対策について

2024/1/15  

内閣府の「令和3年版交通安全白書」によ れば、交通事故の発生件数が最も多い月は 12月となっております。 次いで多いのが、10月、3月となっていま す。 その理由として以下が挙げられています。 日が短 ...

no image

2024年(令和6年)に予定されている法改正について

2024/1/9  

2024年(令和6年)も法改正がなされます。 経営戦略や人事政策に影響を与えるであろ う改正点を知ることで、事前の対策を講じ ていただければ幸いに思います。 ●労働基準法施行規則の改正により、無期 転 ...

© 2024 カン労務士事務所