労働・残業問題

長時間労働を強いている疑いある企業を摘発する通称「かとく」

投稿日:

長時間労働や賃金未払いなどが問題となって大きな

ダメージを受け、対応を迫られる企業が相次いでいます。

しかし同様の問題は、他の企業でも依然として隠れて

続いているようです。

この状況を撲滅しようと、国による〝特別部隊〟が動き

始めています。

組織的に〝長時間労働〟を強いている疑いのある企業

を内偵し取り締まる、2015年4月に厚生労働省で発足した

「過重労働撲滅特別対策班」通称「かとく」であります。

長時間労働が疑われる大手企業を対象に、全国にまた

がる"大規模事案"を専門で取り締まり、悪質な場合は

刑事事件として摘発するのです。

この「かとく」メンバーは10年以上の経験を持つ労働基準

監督官のエキスパートといいます。

改ざんされた出勤簿のデータの復元など、特殊ケースにも

対応するといい、2015年7月にはその第一号案件として

ABCマートを書類送検したところです。

残業代の未払いではなく長時間労働そのものを罪に問う、

画期的な事案だったというのですが、これまで全国各地の

労働基準監督署から40回以上も是正勧告を受けながら、

全社的な改善が見られないため着手したとのこと。

是正勧告を受けることは致し方がないでしょうが、その後の

対応が蔑ろにになっていたことを考えれば、妥当な結果と

考えざるを得ません。

-労働・残業問題

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.