労働条件・環境

2020年最低賃金据え置きへ

投稿日:

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員
会は、2020年度の最低賃金について全国平
均の目安を示さないことを決めた。

19年度の全国平均901円を据え置く形にな
り、新型コロナウイルスによる景気低迷を
受けて賃上げ凍結を主張する経営側に配慮
し、最低賃金を引き上げるかどうかは都道
府県の判断に委ねる。

最低賃金は法律で支払いを義務付けられた
最低限の時給を示し、労使の代表と有識者
による公益委員で構成する審議会が毎年1回、
目安を定める。

小委員会は「目安を示すことは困難であり、
現行水準を維持することが適当」だと結論
を出した。目安を示さなかったのはリーマ
ン・ショックがあった09年度以来になる。
都道府県の審議については地域の雇用情勢
などを踏まえて対応するよう求めた。

-労働条件・環境

Copyright© カン労務士事務所 , 2020 All Rights Reserved.