労働・残業問題

残業は黙認ではなく許可制にするべき

投稿日:

会社として一番悩ましいのが手当の支給の有無です。

まず、会社の指示で残業させたら手当が必要なのは

異論ないでしょう。

問題は、このような極端に労働能力の低い人、さらには

手当を荒稼ぎしてる人です。

このような人たちにも基本的には残業手当が発生する

と思ってください。

ただ払う方としてはイヤでしょう。

会社が「なぜ残業するのか?」を理由を聞いた上で

「許可制」にし、残業指示書を書かせる。

「指示がなければ残業とはみとめないから、定時になっ

たら退社すること」と残業の立場を明確にする必要性が

あります。

見て見ぬふりは勿論、労働者本人の自由にさせていたら

会社は残業を黙認した(=認めた)ことになり、拘束分の

諸手当の支払い義務が発生します。

このような労働者が多ければ多い程、残業代として人件費

がかさむばかりです。

-労働・残業問題

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.