労働・残業問題

厚生労働省は過重労働におけるブラック企業対策は本気のようだ

投稿日:

靴販売会社であるABCマートが違法長時間労働により
書類送検されたというニュースが流れました。

この事件は、厚生労働省が今年4月に設置した、ブラック

企業を取り締まる特別チーム「過重労働撲滅特別対策班」

(通称、「かとく」)による初めての書類送検ということもあり、

注目を集めています。

今回は、ブラック企業の企業名の公表の新基準という点に

ついて説明して参ります。

●「かとく」について

具体的には、次の内容が特徴的です。

1.労働局は4月に「過重労働撲滅特別対策班」を設置。

大手企業を対象に調査を進めており、過重労働撲滅特別

対策班による書類送検は初めてである。

2.労働局は過去にも同社の店舗で長時間残業が横行して

いるとして是正勧告をしたが、改善がみられないため、

書類送検に踏み切った。

3.塩崎厚生労働大臣は、記者会見で、
今般東京労働局の「かとく」が、その使命に応えるべく、
積極的に対応して結果を第1号として出した。

と述べています。

ブラック企業の企業名の公表について、厚生労働省は今夏
より新基準を採用しています。

この新基準が採用される以前は、企業が長時間労働で法律

違反した場合、労働基準監督署が是正を勧告し、勧告に従わ

ない企業に限って書類送検し、社名が公表されておりました。

したがって、是正勧告に従ってさえいれば、度重なる是正勧告を
受けたとしても企業名が公表されることはないということになる
のです。

今回の厚生労働省の新基準は、違法な長時間労働を繰り返す

企業が多いことに対処するために、是正勧告の段階で企業名

を公表することができるものとなっている点は注目すべきです。

-労働・残業問題

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.