人事マネジメント

上司が部下に接する際に奮起させる要素とは

投稿日:

仕事で失敗をして叱責されるかと思いきや、
上司から

「君の実績を考えると、絶対に活躍できると
確信している。

僕は必ずやれると思っている。

だからこれからもよろしく頼む」

「もう一回がんばろう。

君でダメだったら納得できる。

もう一度勝負しよう」

このような言葉を掛けられた部下は、必ずや
上司を慕って男にしてやろうと奮起する
に違いありません。

この会話の根底にあるものは、
「ピグマリオン効果」と呼ばれるものなのです。

ピグマリオン効果は、人がある特定の人にずっと
期待を寄せているとその人は期待に沿うようになる、
というものです。

継続は力、期待を実らせるためは期待を継続する
以外にないのです。

上司が部下と接する際に重要なことは、

・定期的に話す

・期待する役割を伝えている

・成功や成長を支援している

・価値観を理解している

・やる気にさせる提案や要望をする

・話しやすい・相談しやすい雰囲気を作る

人は心ある生き物なので、心に響く言葉によって
生き返ることも可能であり、上下コミュ二ケーション
によって組織の活性化に繋げることもできると考えて
おります。

-人事マネジメント

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.