採用・教育

面接時に採用担当官が重視するもの

投稿日:

面接時に面接担当官が重視する点は、面接者の見た目が
重要となります。

なぜかといえば、初対面の場合、視覚から入る情報が、
その人の第一印象を決めてしまうからです。

ちなみに見た目とは、単純に容姿のこともありますが、
それ以上に身だしなみ、清潔感、立ち振る舞いが重要に
なります。

「人は見た目が9割」という本が以前、ベストセラーになり
ましたが、これはまったく大げさな話ではなく、面接という
限られた時間の中だからこそ、まさに当てはまるのです。

面接する側は応募者以上に身だしなみに気をつけなく
てはいけません。

採用担当者や面接官は企業の顔です。

採用担当者は面接で合格する場合は、
「この応募者にもう一度会いたい。もっと話したい。」

と思うはずです。

恋愛でも、友人関係でも、仕事で関わる人でも、
身だしなみが整っていない人ともう一度会いたいと思うことは
相手によほどの魅力がないと抱かないのではないでしょうか。

見た目が重要であるという根拠として、人物の第一印象は
初めて会った時の3~5秒で決まるといいます。

またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると
いうのです。

この法則は「メラビアンの法則」と呼ばれるもので、
初対面の人物を認識する割合は、以下のようになります。

・「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55%

・「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%

・「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%

と言われている程、見た目である視覚情報が重要となって
くるのです。

-採用・教育

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.