くらし・経済

間もなく春闘 賃上げをどう考える?

投稿日:

間もなく春闘の時期に突入し、新聞などでも連日のように、

賃金関連の報道がされる時期がやって参ります。

企業業績が回復基調にあり、しかも、一昨年に続いて政府

から賃上げ要請が出されるなど、賃上げ機運が高まってい

るところです。

昨今の春闘で特徴的なのは、ベースアップが議論の対象に

なっていることです。

●定昇とベースアップ

賃金改定には、定期昇給(定昇)とベースアップ(ベア)の

2つがあります。

両者は全く別物ですので、区分するためにここで簡単に整理

しておきます。

定昇というのは、毎年決まった時期に、賃金規定など所定の

ルールに則って賃金を改定することです。

1年たつと全員自動的に賃金を上げるという解説が新聞など

でされていますが、それは誤りです。

以前はそういう会社が多かったのは事実ですが…。

今は、人事評価など何らかの賃金査定に基づいて個々の賃金

を決めるのが主流だからです。

場合によっては上がらない、あるいは下がるということもあ

りますので、その意味においては、「定昇」という言い方自

体、不適切な気もします。

一方、ベアというのは、全員の賃金を何らかの方法で底上げ

することです。

全員に「○○%」という率をかける、「○○円」と一定額を

加えるといった方法になります。

この2つを組み合わせたり、年齢や階層によって率や額を変

えたりといった方法を採ることもあります。

さて、「賃上げ機運が高まっている」と書きましたが、当然

のことながら、個別企業の事情は様々です。

中小企業は、まだまだとてもというところが多くを占めてい

るのが実情なようです。

しかし、「ウチはウチ」と、賃上げに背を向けてばかりもい

られません。

働く人のモチベーションも上がりませんし、他社に人材が

流出してしまうリスクもあるからです。

-くらし・経済

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.