労働条件・環境

逼迫する雇用環境の下ではES(従業員満足度)向上を

投稿日:

人が集まらないために、その企業に勤めている労働者が、

ますます忙しくなるという問題が顕著となっています。

その影響で長時間労働、達成困難な目標、慢性化する

サービス残業、不当解雇の乱発、パワハラの横行などが

特徴となっているのです。

採用することで解決すると考えているのならば恐らく

上手くいかないのではないかと考えられます。

つまり採用とは、入社してもらうことが目的ではなく、

働いている労働者が満足して働く環境作りが肝要なので

あって、ES(従業員満足度)を高めることこそが重要では

ないかということです。

労働者が定着する職場作りこそが採用における重要施策

であり、離職率が高い職場においては早急に改善しなければ

ならないのです。

-労働条件・環境

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.