労働者派遣・請負

特定派遣から切替ができないから請負契約へ

投稿日:

これまで特定派遣会社派遣契約を結んでい
た派遣先は、一般派遣許認可を取得できな
ければ相当の影響を受けることは必至です。

多数の派遣労働者の受け入れをしている派
遣先企業では、偽装請負のコンプライアン
ス対応を行った結果、一般派遣契約もしく
は特定派遣契約に切り替えたというところ
も多く見られるようです。

派遣先がこのような経験を積んだ会社だ
と、一般派遣である認可制に移行できない
ということになれば売上がゼロになってし
まう可能性もあるので深刻です。

経営の存続すら危ぶまれてしまいます。

改善・対応策としていわゆる偽装請負に戻
ることがあるならば非常にリスクが高いも
のであり、あってはならないものです。

いわゆる偽装請負とは契約内容は請負契約
または準委任契約としておきながら、実質
的には発注者の指揮命令を受けて業務を行
うことをいいます。

-労働者派遣・請負

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.