労働・残業問題

気にかけたいコンプライアンス・チェック

投稿日:

採用方法から日々の労働時間管理などが労働基準法

その他の労働各法に順じたものになっているかを

チェックする資料が公表されております。

目を通してみると、項目ごとに注意しなければならない

ものが整理されており、社内のコンプライアンス向上の

材料として使えるものと思います。

個別質問項目の内容を「知っているか」どうか

その項目をクリアしているかどうかを

チェックするものとなっています。

項目は全部で78項目。

募集・採用に関するもの、
保険加入の適正度合い、
労働契約に関するもの、
外国人労働者、
健康診断、
労働時間や年次有給休暇など労働条件に関するもの、
雇用の機会均等に関するもの、
労働災害が発生した際の取り扱い、
育児・介護に関するもの、
障害者雇用、
解雇・退職に関するもの、

採用・入社から解雇・退職までの一連の労務管理の中で

必要とされるものが含まれています。

行政がコンプライアンスとして捉えている内容はどういった

ものなのか、自社の労働法令に関するコンプライアンス状況は

どの程度なのか、自身の知識としてどの程度把握できているか、

を確認する資料として活用できそうです。

【参照資料】

労働関係法令に係るコンプライアンス・チェックテキスト(秋田労働局)

-労働・残業問題

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.