有期労働・非正規労働

正社員とパートタイムの待遇が違って当たり前?

投稿日:

●正社員とパートタイムの待遇が違って当たり前?

正社員とパートタイマーの待遇が違うのは当たり前!と

考える企業もまだ少なくないと思います。

しかし、正社員と同じ仕事を行っているにもかかわらず

パートタイマーだというだけで差別をすることは、労働者

のみならず企業にとっても良いことではありません。

なぜなら、このような行為は法的に問題があるだけでは

なく、事業運営上の問題もはらんでいるからです。

企業が従業員を選ぶように、従業員も働く場所(企業)

を選びます。

景気動向の影響もありますが、特定業種では既に給与を

上げても人が集まらないという状況が散見されます。

人口が減少局面に入った日本では、
今後、このような状況はあらゆる業種業態で発生する

はずです。

そんな時、公正な待遇が期待できない企業で働きたいと

思う人がどれほどいるのでしょうか。

正当な評価を望む優秀な人材ほどそういった企業は敬遠

されるはずです。

●武田節でいう「人は石垣、人は城」

よく「企業は人なり」と言われますが、事実、人がいなけ

れば企業は成り立ちません。

法令遵守は当然重要なことですが、公正な待遇は、事業

運営の観点からみても非常に重要なポイントだと言えます。

派遣法や労働契約法でいう“均衡待遇”がパートタイム

労働法にも如実に反映されている点に留意する必要が

ありそうですね。

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.