採用・教育

慢性的な人手不足のこのご時世 求人に記載すべき事項とは

投稿日:

昨今の有効求人倍率の上昇に伴い、採用が困難を

極め事業に影響を与えるようになってきております。

しかし、企業側は重要なことを認識しておらず、

求職者との間にミスマッチが生じてきています。

求人を出すにあたって給与、勤務時間、職種、勤務

場所が重要視されるだろうと考えているのでしたら

これは勘違いしている可能性があります。

というのも求職者が知りたい情報とは、

・会社の特長のこと

・仕事の内容のこと

・職場環境のこと

凡そこれら三点に要約できるのです。

勿論、給与、賞与の有無、手当、勤務時間等も

重要ではありますが、入社してからの自分が活躍して

いるだろう像を描いているのです。

活躍するためには上記三点が不可欠となってくるのは

ご理解いただけると思いますので、

求人を出すにあたってこれらを考慮してわかり易い

求人を出すことが肝要です。

就業条件のみの求人は求職者側からすれば、

数字の列挙としか捉えられていないのです。

-採用・教育

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.