労働者派遣・請負

人材会社を選定するにあたって重要な3つのポイント

投稿日:

通常10~12月において需給調整事業部と労働基準部との連携

による共同監督を行っています。

派遣元・先に加え、請負事業主に対し、労働者からの労働基準

関係法令違反の情報などに基づく労基署による立入調査と是正

指導を強力に展開しているのです。

監督強化月間という名のもと需給調整部と労働基準部はどのよ

うな項目を監督調査しているのでしょうか?

発注元である派遣先企業、派遣元企業がお互い気を付けなけれ

ばならない点は何なのか?

法令を遵守する能力を持った会社であるか否か。

これに尽きるといっても良いでしょう。

もちろん、法令は発注側である派遣先企業と派遣元企業が相互

に協力して進めていく必要があります。

次の3点をポイントとして派遣会社を選ぶと良いと考えられます。

①法を知り、正確に対応できる会社

②「安全衛生」の社内体制、取り組みが明確な会社

製造の場合には特に、事故を起こさないための体制をつくり、

作業の安全管理ができる会社かどうかが極めて重要です。

安全衛生法など法律で定められた安全管理の体制や組織・取り

組みを行う能力が十分にあるか、見極めることが大切です。

③労務管理

「働く人たちが安心して働ける」「充分に相談にのってもらえる」

体制ができている会社かどうか

労務管理には労働時間・就業規則・賃金など様々な要素があり

ますが、働く人たちから見て労務管理がきちんとしている派遣

会社かどうか、ユーザー企業としてチェックすることが大切です。

-労働者派遣・請負

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.