よもやま独り言

マイナンバー制度は何のための制度なのか

投稿日:

●マイナンバー制度とは

それでは、「マイナンバー制度」は、どんな制度なの

でしょうか?

日本国民だけでなく、日本に居住する外国人にも

番号を割り振り、所得や納税実績、社会保障に関する

個人情報を一括管理します。

現在は、個人ごとに社会保険は、「基礎年金番号」、
雇用保険は「雇用保険の被保険者番号」が使われて

いますが、将来、「マイナンバー」に一本化していくと

いうことになります。

ひとつの番号で管理するので、簡単に個人の所得や

厚生年金の加入実績が分かってしまいます。

例えば、年金事務所が社会保険の未加入者対策で

利用すれば、いつから勤務していて、いくらの収入が

あるのか、分かってしまいます。

個人には「マイナンバー」が割り振られます。

会社には、「法人番号」が割り振られます。

平成28年1月から利用開始され、段階的に納税や

社会保険、雇用保険などの手続きのときに必要に

なってきます。

税や社会保険料の納付が法人、個人とも一元管理が

行われますので、行政側からすれば手間がかからず、

管理できるというメリットはあるのでしょう。

しかし、全ての金銭授受や加入履歴が透明になります

ので、困ったという事態に陥る方々も想像できます。

-よもやま独り言

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.