有期労働・非正規労働

なぜ「同一労働同一賃金」を推進しなければならないのか

投稿日:2019年8月20日 更新日:

雇用形態に関わらない公正な待遇の確保という考えの下、2020年4
月施行改正労働者派遣法においても「同一労働同一賃金」推進が行
われます。

「同一労働同一賃金」とは、同じ仕事に就いている限り、正規雇用
労働者であるか、非正規雇用労働者であるかを問わず、同一の賃金
を支給するという考え方です。

政府はいわゆる働き方改革のひとつとして、正規雇用労働者と非正
規雇用労働者の間の「不合理な待遇差を解消」し、多様な働き方を
選択できる社会にすることを目指しています。

「同一労働同一賃金」の導入は、同一企業内における正規雇用労働
者と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派
遣労働者)間の「不合理な待遇差の解消」を目指すものであるので、
近年久々の大型法改正といえます。

 

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2019 All Rights Reserved.