よもやま独り言

その残業は必要なのか?

投稿日:

●その残業って本当に必要ですか?

自分も経験があるのですが、コールセンターや警備のような時間が

きたら終了という性格のものではなく、特に事務職のような

「今日中にこれを終わらせないといけない」ような性格の仕事に

当てはまる内容で、時に

「その仕事って残業しないと出来ないことなの?」と首をかしげたく

なるような場面に遭遇すること、決して珍しいことでは

ありません。

典型的なのが、本来の拘束時間(所定労働時間という)に十分

仕上げられるにも関わらず、わざと労働能力を落として残業しないと

終わらせられないように見せかけて、残業代を稼ごうとする。

仕事を効率的に速く終わらせる「出来る」人間からすると面白くない

ものですね。

同様に「その残業って…?」って思うことでしょう。

●さらなる「出来る」人からの不満

効率よく早く終わらせてるにも関わらず残業はしてないとなれば、

当然に残業手当はありません。

一方理由はどうであれ、残業をすれば手当類が発生します。

貰える給与に差が出てきます。

出来る人と出来ない人の基本給や他の手当で差がついてるなら

まだしも、特に時給制で雇われてる非正規雇用の人から見れば

「なぜダラダラやって労働能力をわざと落としてる人が自分よりも

給与がいいの?」となります。

これだけで終わればいいですが、個々の労働能力の把握出来ない

上司ですと「遅くまで残る=頑張ってる人、早く帰る人=残業に

協力的でない」というレッテルを貼りがちで、こうなると出来る人の

やる気は一気に下がり、ひいては「バカらしくてやってられない」と

なります。

-よもやま独り言

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.