くらし・経済

退職後は健康保険の任意継続か国民健康保険か?

投稿日:

退職後に健康保険の任意継続被保険者になったほうが

国民健康保険(国保)よりもお得な場合としては、

一般的に以下の要件となります。

①会社員時代の給与が高い

②扶養する家族が多い場合

これらの条件に合致する場合は、任意継続被保険者の

方がお得となります。

といのも、協会けんぽの場合ですが、会社員時代の

保険料は、標準報酬月額に保険料率を掛けたものを

事業主と折半で支払っています。

任意継続被保険者になると全額自分で支払うことに
なるからです。

任意継続被保険者の場合、保険料額には上限があり、

標準報酬月額が28万円となっています。

都道府県で保険料率が違いますが、

ここ愛知県の場合は、

40歳未満で27,916円、

40歳以上は介護保険料率が加わり32,340円となります。

大雑把に言うと、40歳未満ならどんなに高い給料でも、保険料は

27,916円まで、ということになります。

また、協会けんぽや健保組合の場合、一定の要件を満たした

家族を被扶養者とすることが出来るので、

配偶者とお子さんがたくさんいらっしゃる場合等は得なのです。

国民健康保険には、被扶養者という制度はありませんし、

前年度の収入で保険料が決まります。

●国民健康保険が得な場合

上記の説明から、単身者で、給与も28万円以下だった場合、

国民健康保険のほうが得な場合もあります。

市町村によって保険料がまちまちですので、お住まいの

市町村の国民健康保険の窓口で詳しいことはお確かめ

くださいね。

-くらし・経済

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.