労働者派遣・請負

派遣事業で売上を増加させるために

投稿日:

派遣業においては、派遣料金は1時間当たりの単価で
算出されることが多いので、派遣事業の売上は

売上=単価×労働者数×稼働時間

という数式で計算されることとなります。

この計算式から分かるように、売上高を増加させる
ためには、

①派遣単価の増額
②派遣労働者数の増加
③派遣稼働時間の増加

が必要となって参ります。

①派遣単価を増額させるためには、より高い価値が
見込まれれる業務に派遣させなければなりません。

同業務に派遣を継続させることとしても、より高い
技能の習得、知識の向上が必須となるでしょうし、
希少性のある人材が必要となります。

義務化されたキャリアアップ教育訓練によって、
技能の習得、知識の向上を図ること、もしくは
募集採用を強化し水準の高い労働者確保を行わねば
なりませんが、昨今の採用難のご時世では後者は
一筋縄ではいきません。

②派遣労働者数の増加を行うためには、多数の派遣先
を確保しておくことが重要となってきますので、
派遣先を開拓し獲得しなければなりません。

新規顧客を優先するが余り、既存顧客をないがしろする
ようなことがあれば、受注残が生じて売上逸失するよう
なことがあれば、信頼性も損なわれてしまう結果が
発生してしまうこととなります。

③派遣稼働時間の増加をさせるためには、拘束時間の
長い業務に派遣した方がいいこととなり、時間外労働
を増やすことも検討材料となってきます。

しかし、仕事と生活の両立が叫ばれている中において、
長時間労働は問題となってくるのは間違いありません。

過重な長時間労働は法違反においても問題となるので
長時間の拘束、時間外労働の増加によって売上を増加
させるには限界があります。

上記①から③までの策を適宜組み合わせ実施すること
によって、売上増に繋げていくことこそが派遣事業者
にとって優先すべき事項だと考えられます。

-労働者派遣・請負

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.