有期労働・非正規労働

有期雇用者の無期転換における企業側の対策は?

投稿日:

有期雇用者の無期転換において、企業側は
スタンスを決める必要があります。

1.有期雇用者はあくまで有期のままとするのか

2.無期転換の道を開くのか

3.有期のままとするならば、5年に達するまで
 に契約更新をしない方策を立てるのか

いずれかの方策を立てなければなりません。

「なら、その直前で契約終了とすればいいんだ」
と考えていると痛い目に遭うかもしれません。

労働契約法の回避のための雇い止めと判断され
れば、争いに発展した際に、裁判所で
「雇い止め無効」と判断される可能性が高いか
らです。

つまり、「雇止め」前提であれば、契約書・
契約方法・仕事の内容処遇等、広く整備する
必要があります。

一方、大事な従業員を今更手放すのは惜しいから
無期転換してもいいと考えているのであれば、
もちろん平成30年以降まで待って、本人からの
申し出により無期転換するのも手ですが、
どうせあと1年で無期雇用転換をする必要がある
ならば、今からその準備を始め、早い内に転換
してはどうでしょうか?

●無期転換してもいいなら

そこで、お勧めするのが、キャリアアップ助成金
なるものです。

無期転換にする制度や正社員に登用する制度を
策定し、実際に転換・登用した場合に受給できる
ものです。

就業規則の改定等、いくつか見直す必要のある
個所はありますが、いずれしなければならない
ものであれば、早くても今から準備・実行する
ということです。

今は人手不足で求人を出してもなかなか良い人材
が集まらない時代です。

今後は雇用を人事戦略と置き換えて、将来の良質
な労働力確保・経営戦略を考えてみるべき時代が
到来しているのです。

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.