有期労働・非正規労働

有期雇用契約者の契約が自動更新になっている場合は危険

投稿日:

有期雇用契約者の契約が自動更新になっており、

契約書が更新されていないといったことを

最近よく耳にするので、なぜ危険なのか申し上げ

たいと思います。

有期契約者が契約上、自動更新などとなっていれば

無期化してしまっていることになるので、「雇止め」ができる

有期契約者という対応ができなくなることになります。

有期雇用者の代表格である、

・パート、アルバイト

・嘱託

・派遣労働者

・期間工

有期雇用契約を解除したい労働者については、単純に

「雇止め」という訳にはいかなくなり、正社員などの期間の

定めのない(無期雇用)者に対する、「普通解雇」という

難しい課題として認識、対応しなければならないのです。

最近の解雇の法律上の制限や判例から、

仕事の能力や協調性が無いということで「普通解雇」を

認められる事例は非常に少ないのです。

「普通解雇」が安易にできないものとなっています。

つまりこの場合、有期雇用契約のメリットがなくなって

しまっているのです。

後々問題を起こさないためのも、雇用契約書には、

更新の有無を明記しておかねばなりません。

更新がある場合は、

・「自動的に更新する」

・「更新する場合がある」

・「更新しない」

という選択肢を設けておくことが必須となってきます。

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.