労働条件・環境

忘年会シーズン間近!あなたも“アルハラ”に注意

投稿日:

今年も残すところあと1か月少々となりました。

そして、12月と言えば、忘年会!そろそろ会場探し、お店

探しを始めるビジネスーパーソンの方も多いのではないで

しょうか。

種々のハラスメントに加えて、お酒の席におけるハラスメント

「アルコールハラスメント(通称:アルハラ)」についても

社会的な認知が進み、その防止策、そして対応策が議論され

ています。

あなたも知らないうちに“アルハラ”していませんか!?

アルコールハラスメント(アルハラ)とは、アルコールに絡む

嫌がらせ全般を指す言葉です。

特定非営利活動法人アルコール薬物問題全国市民協会

(ASK)は、具体的に以下の5つの行為をアルハラの定義に

あたるものとして挙げています。

●アルハラの5行為

1.飲酒の強要

2.一気飲ませ

3.意図的な酔いつぶし

4.飲めない人への配慮を欠くこと

5.酔ったうえでの迷惑行為

また、ASKでは「以下のチェック項目に一つでも当てはまれば、

あなたは自分では気付かないうちにアルハラをしている可能性

がある!」として次の項目を挙げています。

皆さんも是非、自分に心当たりがないかチェックしてみて下さい。

1.練習すればアルコールは強くなれると思う

2.吐く人のための袋・バケツ・つぶれ部屋を用意している

3.先輩から注がれたら、断っちゃいけない

4.みんなで酔っ払ってこそ仲間との一体感が生まれる

5.飲み会はちょっとぐらい無茶しないと楽しくならない

6.ソフトドリンクを飲むなんて、ありえない

7.酔ってるんなら、多少の暴力や暴言はしょうがない

8.女だったら、お酌するのが当たり前だ

9.未成年でも、少しぐらいなら飲ませたって平気だ

10.場を盛り上げる“イッキコール”を3つ以上知っている

11.体質的に飲めない人なんて、いるわけない

12.男だったら飲めないとかっこわるい

-労働条件・環境

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.