よもやま独り言

平成28年4月より始まる女性活躍推進法について

投稿日:

安倍内閣が掲げた「新三本の矢」、一億総活躍の下で、

①名目GDP600兆円

②出生率1.8

③介護離職ゼロ

というのが目標に掲げられていますが、女性の活躍

なくして達成は困難でしょう。

来春から始まる女性活躍推進法を考えてみましょう。

301人以上の労働者を雇用する事業主は、平成28年4月1日

までに女性の活躍状況を把握し、行動計画の作成・届出を

しなければなりません。

(300人以下の事業主は努力義務)

●重要ポイント

女性活躍推進法は、女性の積極採用、積極的な管理職

登用を求めている。

●女性の活躍状況の把握

女性活躍推進法は、次の4項目について、必ず把握し、課題

分析を行うことを求めています。

1. 採用者に占める女性比率

2. 勤続年数の男女差

3. 労働時間の状況

4. 管理職に占める女性比率

●行動計画の策定等

4項目を把握し、課題分析をしたあと、数値目標を定めた

取り組み内容を行動計画として策定し、都道府県労働局に

届出、労働者への周知、外部への公表を行うことになります。

●女性活躍の情報の公表

さらに、自社の女性の活躍に関する情報を公表することが

求められます。

●行動計画のステップ

自社の女性活躍状況を把握し、課題分析を行う

          ↓

行動計画の策定、届出社内周知公表を行う

          ↓

自社の女性活躍に関する情報を公表

-よもやま独り言

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.