よもやま独り言

同一労働同一賃金の議論を深めるために期待すること

投稿日:

同一労働同一賃金、均衡待遇、均等待遇、

裁量労働制、賃金格差解消など労働法制が

規制緩和方向へ動くのか?ということが

今後国会でも議論されることとなるでしょう。

細かな点は今回は省略するとして、

雇用労働政策における今、議論しなければ

ならない点とは、格差社会の元凶となっている

非正規労働、またその中核である派遣労働を

無くす事ではないと考えます。

新卒採用の可否で人生が决まる雇用慣行を

改めることで非正規と正社員の流動性を確保

する事であり、そのために正社員の雇用保護

が突出して強い現行法制度を見直す事でしょう。

しかし国会質疑はこの点を議論していないの

です。

正社員の既得権益は守られるかわりに、そこに

入れなかった人々や正社員から漏れた外の人々

は、事実上の同一労働をしていても待遇格差に

甘んじる。

このような側面からも議論を深めていただきたく

思います。

-よもやま独り言

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.