有期労働・非正規労働

有期契約者を雇用するメリットとデメリット

投稿日:

一昔前は全員正社員で構成されている会社が多かった

のですが、バブル崩壊以降、雇用リスク回避のため、

契約社員やパートの比率が高くなってきております。

会社が有期契約者を雇用するメリットは下記のとおりです。

1.専門性の高い労働者を雇用できる

2.問題があれば、期間満了により雇用を終了できる

派遣労働者にもいえることですが、有期契約者を雇用する

メリットは会社が雇用のリスクを最小限に押さえることが

できることです。

会社が生産性の低い労働者を雇用してしまっても、

期間満了で終了できます。

しかしながら、万能と思われる有期契約者の雇用にも、

労務リスクが存在し、有期契約者であっても、一定の場合

には雇い止めが認められないケースがあるのです。

過去の裁判例によると、有期契約者の雇い止めの際にも、

正社員の解雇と同じ条件を求められるケースがあります。

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.