よもやま独り言

高齢者雇用と企業の本音

投稿日:2022年1月11日 更新日:

高齢者の雇用を70歳までに…と政府が言い
出した瞬間、50歳以上の労働者に対しての
退職勧奨や希望退職の募集が大手企業を中
心になされています。

その理由は定年延長のみならず、バブル期
前後に入社した社員の賃金の高さにあるよ
うです。

賃金は高いが、今の技術についていけない
年代の雇用維持を企業があきらめたともい
えます。

能力と賃金がアンバランスな正社員がいる
ことで非正規雇用労働者との均衡待遇・均
等待遇を検討する際に、会社にとっては好
ましくない状況になることも想定されます
(実際に発生している)。

65歳までの雇用延長措置が義務付けられた
時点で子会社出向等の枠も埋まりつつあ
り、55歳以降に就かせるポジションが不足
し、50歳以降の人員について、整理をした
いというのが企業の本音なのかもしれませ
ん。

-よもやま独り言

Copyright© カン労務士事務所 , 2022 All Rights Reserved.