人事マネジメント

逼迫する人材不足の解消となるか「出戻り制度」とは

投稿日:

昨今の人手不足により「出戻り制度」というものが

注目を浴びています。

諸事情により退職した従業員が復職することが可能に

なる制度ですが、労使ともにメリットがあるのです。

一度その会社で勤務していることから再度職場で

活躍してくれるであろうという安心感があります。

また育成コスト(労力や時間など)がかからず、

即戦力化として期待もできます。

他社に勤務したものの、やはり厳しい現状があるのだと

理解しており、つまり「隣の芝は青くなかった」と再認識

していることから、自社の強みを社内でプロモーション

することもできるのです。

この結果退職志望の従業員に対し、自分の経験談を

伝えることができ、引き止め効果もあります。

ただし「出戻り制度」を適切に運用しないとデメリットも

生じます。

一旦退職してもいつでも戻ってくることができる、と

なれば職場の秩序が崩れる恐れがあります。

また退職前と同部署に戻すこと、役職を上げて復職

させてしまうと、自社で頑張っている従業員に示しが

つかないことにもなってしまうので、待遇にはくれぐれも

注意が必要となってきます。

退職する従業員全てが「出戻り制度」の対象とする

のではなく、制限をかけることも必至となるでしょう。

-人事マネジメント

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.