有期労働・非正規労働

無期転換ルール前に考えたい限定社員制度で助成金

投稿日:

あと1年11か月で5年以上勤務する従業員から申し出を

受けた場合に、無期転換ルールなるものが始まります。

当ブログでも紹介してきましたアレです。

申し出を受ける前に無期転換するのもいいですが、折角

受給できるかも知れない助成金があれば一度検討いただ

きたく思います。

念のために、無期=正社員 ではありません。

さて、貴社には転勤のない社員、職務が限定されている

社員がいらっしゃいませんか?

転勤はないという条件で働いてもらう社員、特定の職務だ

けをやってもらえばよいという社員を制度化してみたいと

お考えではありませんか。

キャリアアップ助成金【多様な正社員コース】はそんな時に

活用できる助成金です。

●ポイント

転勤がない正社員、限定の業務だけをする正社員につい

て制度化すると、助成金がもらえます。

●典型的な正規雇用とは

多様な正社員を考える前に、典型的な正規雇用とはどうい

う雇用かを確認してみましょう。

典型的な正規雇用とは、労働契約の期間の定めがなく、

所定労働時間がフルタイムで、直接雇用されている人、さま

ざまな勤務地に勤務し、いろいろな職種を経験し、残業命令

にも従える人です。

雇用は安定していて、勤続に応じた職業能力開発の機会や

相対的に高い賃金を得られる一方、長時間労働が慣行と

なっていることが多いような働き方です。

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.