くらし・経済

日当・宿泊費を見直しする会社が3分の1だという

投稿日:

労務行政研究所の「国内・海外出張旅費に関する実態調査」
によると、最近3年間に国内出張費用を削減した会社が
3社に1社に上るとの報告がなされております。

日当・宿泊費をみると、役員クラスの費用が削減され
一般社員は横ばいとなっていることがわかります。

昨今では、移動時間が短縮された事により
日帰り出張が増えています。

時代の変化に応じて、出張旅費や日当のあり方も
変わってきます。

役員自身のコスト意識が高まったのが背景にある
のではと調査にはありました。

コスト意識が高まるのは良い事に思えますが、
目に見える料金だけに囚われると返ってコストが
かかってしまっている場合があります。

特に、時間コストとのバランスを考えた上で
検討すべきと考えています。

-くらし・経済

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.