採用・教育

応募者の履歴書はどこを見るべきか

投稿日:

どの会社においても採用は重要となるところですが、

会社業績を向上させるためにも基幹業務といっても

過言ではないでしょう。

では、どのような人物が会社の期待に応えてくれる

応募者なのか、見極めていくことが会社の必要能力

であると言えるのではないでしょうか。

●応募者のどこを見る?

中途採用者で前職を退職した者であれば、当然ながら

それ相応の理由が伴うものです。

会社の業種と勤続年数、転職回数それに退職後から

本件応募までの期間を照らし合わせると、キャリア

アップのための転職なのか、クビになったのか、

転職癖がついているのか等々、履歴は雄弁に物語る

ものなのです。

もちろん、そこで嘘を書かれていると、その嘘を見破る

必要がありますが、学校卒業からの社会人人生をどう

過ごしてきているのかを俯瞰しますと、おのずと見えて

くるものがあります。

とはいえ、肌で感じる温度感と言いましょうか、幾例も

見ていると、感覚で見えてくるものですので、言葉で

説明するのは難しいですが、例を挙げて検討して

みたいと思います。

<離職が複数回の者>

転職が複数回の者であれば、次の就職までの間を

何をしていたのか、聞いてみましょう。

単に失業給付を受けてた者であれば、採用しても能力

的な見込みは薄い可能性が高いです。

その間、独学や学校に通っていたかを問わず、資格

取得や技術習得に時間を費やしていた者であれば、

採用後も見込みはあるでしょう。

ただし、嘘をついている可能性があるので、何をどの

ように勉強してきたのか具体的な質問をするべきです。

目を見れば嘘をついているか否かは回答と合わせて

容易に判別できるものです。

-採用・教育

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.