労働条件・環境

労働時間短縮によるメリットを考える

投稿日:

日本では労働基準法により、

労働者に1日8時間、1週間40時間を超える労働を

させてはいけないことになっています。

アメリカの労働時間に関する規制も日本とほとんど

同じで、労働時間が週40時間、それ以上働く場合は

事業主が雇用者に割増賃金を支払う必要があります。

凡そ100年前の1919年に開催された国際労働機関

第1回総会で「1日8時間、週40時間」という労働制度が

国際的労働基準として定められました。

日本では、1916年に施行された工場法を経て、

1947年に労働基準法が施行され1日8時間労働が

規定され、今日に至っています。

正社員だから週40時間労働が当たり前という風潮ですが、

中には短時間正社員という制度を用いている企業も

存在します。

フルタイムと時短した労働者との間にどのような

因果関係があるのかスウェーデンで実験が行われました。

結果として、少ない労働時間を課した労働者の病気欠席が

減少し、生産性が上がり、心と体の両方に好影響を与える

ということが証明されたといいます。

現在、政府が推奨する多様な働き方(ダイバーシティー)を

鑑みても、短時間正社員という制度も検討の余地があるの

ではないだろうか。

-労働条件・環境

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.