労働条件・環境

出向と転籍は似て非なるもの

投稿日:

企業の組織再編にあたり「出向・転籍・配転」など
法知識は不可欠であり、誤った理解での対応は、
労務コンプライアンス上、大きなリスクが生じます。

出向とは、出向元企業との雇用関係を残したまま
子会社、関連会社等へ向するパターンです。

就業規則等における出向規程が必要になり、
労働者個人の同意は原則不要です。

それに対して、転籍とは、出向元企業との雇用関係
を完全に終了させ、対象者が新たな子会社、
関連会社等と新たに雇用契約を結ぶパターンです。

そのため、労働者個人の同意も必要になります。

個別の同意がないと転籍はできません。

配転とは、会社の別の部門に配置転換つまり異動させ
ることです。

配転に関しては会社の就業規則に明記しておく必要が
あります。

今までは、出向、配転に関して合理性などがある場合、
裁判になっても会社の専権事項として多く認められて
いましたが、昨今、人選の合理性などがなく明らかに
嫌がらせと判断される出向命令は、
「人事権の濫用」とされています。

企業の担当者の皆様、様々な雇用形態を理解し
企業の組織再編を行わねばならないのです。

-労働条件・環境

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.