有期労働・非正規労働

トラブル回避のために雇用契約書の締結を

投稿日:

●就業規則、雇用契約書等の重要性

何かあった時の労働基準監督署や裁判等での判断は、

・ 就業規則はどのように記載されているか

・ 雇用契約書ではどう記載されているか

からスタートします。

それがなければ、何も始まりません。

法律では、労働条件は書面にて従業員に通知すること

となっていますが、雇用契約書がきちんと交付されてい

ない会社が多く見られます。

労働局の助成金申請で雇用契約書がない会社の担当

者が、局の職員さんとすったもんだしているのを、横から

聞こえてきたのでその重要性がわかっていないのだと

感じたのです。

このようなことから従業員側も労働条件がどうなっている

かよくわからず、またしっかり労働条件が明示されていな

いために双方誤解がおきたりして、トラブルに発展するの

です。

就業規則も同じことです。

何もなく平和に仕事をしている時は、まだよいのかもしれ

ません。

何か労使間でのトラブルが起きてしまった時には、多くが

就業規則や雇用契約書の内容によって判断してい

くために、特に会社側は、根拠がないことによってかなり

不利になってしまいます。

「口頭で説明してあるから…」ということをよく言われます

が、トラブルが起きた時には、口頭での約束は

「言った、言わない」となりほぼ役に立たないと思った方が

よいです。

-有期労働・非正規労働

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.