よもやま独り言

ダイバーシティーと社内の風土作りについて

投稿日:

最近、「ダイバーシティ」という言葉をよく耳にするように

なりました。

一般には「多様性の需要」と訳されているようです。

「ダイバーシティ」という言葉を辞書で引いてみると、

(1) 多様性。相違点

(2) 企業で、人種・国籍・性・年齢を問わずに

人材を活用すること。

ビジネス環境の変化に柔軟、迅速に対応できると考えられて

いるようです。

多様性を受容することとは、正しく、トップの判断のみに頼る

ことなく、従業員の一人ひとりが経営者視点を持って働き

経営に参画していくという、全員経営につながることなのです。

新しいことに挑戦したり、意見を口に出したりすることは

勇気のいることです。

また意見を言うことで、誰かを否定することになるかもしれ

ないし、挑戦の先には失敗が待っているかもしれません。

従業員に多様性を発揮してもらうためには、勇気を出さなくて

も、安心して何でも言い合える風土が必要です。

むしろ、失敗を推奨するくらいの風土をつくり、

従業員が感じる不安や恐怖を取払い、勇気づけることが

必要なのかもしれません。

-よもやま独り言

Copyright© カン労務士事務所 , 2018 All Rights Reserved.